女性の一人暮らしの防犯

女性の一人暮らしの防犯について、注意点などもう少し詳しくまとめてみたいと思います。何といっても、女性の一人暮らしにはホームセキュリティ、そして防犯を意識を持つことが重要です。

女性の一人暮らしに限ったことではありませんが、一人暮らしはどうしても留守になりがちです。女性の一人暮らしである事や生活スタイルを、見知らぬ他人に悟られないように注意する必要があります。

例えば、表札やポストにフルネームを書くことは危険です。表札には何も書かないか、マンションなどの規則で書かなければいけない時は、下の名前は書かず苗字だけ書くか、もしくは父親の名前など男性の名前を書いて、女性であることが分からないようにすることが大切です。また、ポストには必ず鍵をつけましょう。

自宅に帰ったとたん、安心して注意を怠るのも危険です。自宅に帰り着いた安堵感から、気を抜いた一瞬の間に襲われるケースが多くあります。次の点に注意しましょう。

・玄関を開けると同時に暴漢に押し込まれるケースがあるため、玄関を開ける前に必ず周囲を確認する。
・ワンドア・ツーロック以上の鍵を取り付け、ピッキング(鍵穴にこのようなものを差し込んで施錠を解き、住居に侵入する手口)対策やサムターン回し(ドアの内側にある鍵を開閉するツマミ『サムターン』を直接操作して開錠させる手口)防止のための対策をしておく。
・オートロック式のマンションは、オートロックが開いているわずかな間に一緒に入られるケースもあるので、必ずその手前で周囲の安全、不審者がいないかを確認する。
・エレベーターの中は密室になります。、エレベーター内で暴漢に襲われるケースもあるので、エレベーターの乗降時には特に注意を払い、知らない異性と2人で乗るのは極力避け、同性の人と一緒に乗るようにする。
・ 週に何日かは、室内の電灯やテレビ等をスイッチを入れたまま外出したり、タイマーで帰宅時間より早い時間から、部屋に灯かりが灯るようにするなどして、同居者がいるように思わせる。

以上のような注意点がありますが、 女性の一人暮らしは、防犯上の環境が優れた地域や建物を選び、できる限り1階は避けるようにすることも大切です。

posted by 一人暮らしの達人 at 11:10 | 一人暮らしの防犯
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。