一人暮らしの節約術

一人暮らしにしろ、家族と生活するにしろ、生活費という費用はかかります。一人暮らしの節約術としては、いかにこの生活費を抑えるかということになります。では、実際に、どうすればこの生活費の出費を少なくすることができるでしょう? 今回は、この生活費を抑えた節約術について、触れて見たいと思います。

生活費は、大きく分類すると、毎月一定額がかかる固定費と、毎月の支出が変わる変動費に分けられます。固定費としては、家賃・駐車場料・税金・保険料・ガス・水道・電気・電話代などの、毎月に決まった額の支出額が見込まれる生活費です。変動費は、電話代・食費・交通費・交際費・趣味(娯楽や書籍代など)・被服費・医療費など、毎月の支出額が変わる生活費です。固定の生活費(固定費)の項目は、基本料金等ですから、この費用を節約することはできませんね。一人暮らしの生活費として節約できるのは変動費になります。食費などの毎月変動する生活費は、工夫次第で自分でいくらでも節約することができますね。

一人暮らしの一ヶ月あたりの生活費の目安としては、一般的には、6万円程度のワンルームに住んで、無駄遣いをしない場合で13万円〜14万円程度かかると言われていますので、それから計算すると、家賃以外の生活費は7〜8万円程度かかることになります。収入から見る支出の割合の目安は、一般的に、光熱費・水道・通信費…10%以内。食費…15〜20%。家賃・駐車場代など…20〜30%。日用品…5%。保険料…10%以内。小遣い…10%以内。娯楽・交際費・・・5%以内。被服費…3〜5%以内。貯蓄…5%〜です。

これを、手取り14万円の一人暮らしと仮定して、その金額を計算してみると…。光熱費・水道・通信費…1.4万円以内。食費…2万円〜3万円。家賃・駐車場代など…3万円〜5万円。日用品…7千円。保険料…1.4万円以内。小遣い…1.4万円以内。娯楽・交際費…0.7万円以内。被服費…0.4万円〜0.7万円以内。貯蓄…?円〜となります。

人それぞれで、趣味・ライフスタイルにより割合は変わってきますが、これらのバランスを考えて、ムダな出費をなくすことが、上手な一人暮らしの節約術といえるのではないでしょうか。
posted by 一人暮らしの達人 at 10:33 | 一人暮らし
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。